言葉を吟味する事が大切

結婚式における祝辞・スピーチで最も注意しなければならないのは、忌み言葉です。おめでたい結婚式にはふさわしくない「別れる」「切れる」「離れる」「死ぬ」などはタブーとなっていますので、絶対使わないよう注意します。もし、忌み言葉を使ってしまったら、あわてて取り消したり、謝ったりすると、かえって気になってしまいますので、あえて気付かなかったフリをして、話を続けましょう。また、新郎新婦の元カノ、元カレとの恋愛話は、たとえユーモアであっても避けましょう。

スピーチの時間は3分

結婚披露宴でのスピーチは、新郎新婦の意外な一面を伝える事が大切です。自分だけが知っている、新郎新婦の素晴らしいエピソードや、チャームポイントなどを紹介すると良いでしょう。スピーチの時間は3分が目安です。はっきり、ゆっくり、分かりやすく話ましょう。1分あたり300字程度のスピードが基本になりますので、スピーチになれない方は、事前に原稿を作っても実際に声を出して読んでみて、どの程度の長さの原稿を、どの程度のスピードで読めば3分以内に収まるか、実際に計測してみるのもよいでしょう。

スピーチが苦手なら余興や歌に代えましょう

スピーチが苦手であれば、余興や簡単なゲーム、歌などに代えてもよいでしょう。この場合は、前もってそのことを司会者に伝えておきます。ただし、あまりにも時間がかかるものや、新郎新婦に恥をかかせるようなものは控えます。新郎新婦にキスばかりさせるのも考えものです。ユーモアは適度に入れるようにしましょう。

福岡の結婚式場は海辺、山の上などとても眺めの良いところが多いです。海に浮いたような式場や、ホテルの上層階で空の上にいるような素敵な所も、それだけでなく眼下には水平線が広がる圧巻の景色も堪能できます。