狭い部屋にもマッチするソファ

部屋にソファを置きたいと考えてはいるものの、ワンルームや1Kなどの間取りであったり、6畳や8畳間などの手狭な部屋であるため、大きなソファを収めきることができなかったり、置く事はできそうでも、圧迫感が出てしまいそうなことに悩んでいる方は少なくないでしょう。そういった部屋にピッタリなのが、ローソファを選ぶという選択です。

ローソファとは、その名の通り、一般的なソファと比較して座面が低い位置にあるソファのことであり、足がないタイプのフロアソファなどは、ローソファを代表する存在ということができます。座面の位置が低いことで目線が下がる効果、狭い部屋を広く見せる視覚効果を期待することができるため、狭い部屋にもマッチするソファだということができるのです。

コーナーソファーでデッドスペースの有効活用

ロードファやフロアソファにもいくつかのタイプがありますが、より部屋のスペースを有効活用したいのであれば、コーナーソファを選択してみるといいでしょう。コーナーソファはL字型になっているため、部屋の中でもデッドスペースになりがちな、部屋の隅を有効活用することができるアイテムなのです。

和室にもマッチするソファ

また、ひとり掛けや2人掛けのソファと比較して、より大人数で座ることができたり、よりリラックスしやすくなっているのはもちろんのこと、フロアソファタイプのアイテムを選ぶことで、日本には欠かせない暖房器具であるコタツと併用して使用しやすくなっているなどのメリットもあります。ソファといえば洋室に置くものというイメージを抱きがちですが、和室のもマッチするのがローソファなのです。

ダイニングにソファを置くことはステイタスの一つになります。しかし、実はいいことばかりではなく、デメリットもあるのです。